ああ、偉大なる合わせ調味料!

ひとり暮らしをすると、自炊をしてみたくなりますよね?

でも、料理初心者の私だと、レシピどおりに作っても満足できる味にならないんです・・・

レシピに醤油と書かれていても、メーカーさんによって味も異なるから、同じレシピでも味にいろいろ違いがでても当然ですよね。(料理の腕から目を背けて・・・)

そこでおすすめするのが、合わせ調味料なのです。

好みの合わせ調味料に出会えれば、同じ合わせ調味料を使っていつでも同じ美味しい料理を食べられるのです!初心者の私でも!!

ああ、合わせ調味料様、なんて偉大なのでしょう!!
いつも助かっております。

今回の合わせ調味料様ご紹介!

いつものように偉大なる合わせ調味料様を賛美したところで、今回はとろ卵豚キャベツを作ります。

ふむ、とろ卵豚キャベツという料理名には馴染みはなかったけど、検索すると普通にレシピとか出てくるんですね。

それでは、今回の合わせ調味料様のご紹介です!

CookDoきょうの大皿 とろ卵豚キャベツ用

味の素株式会社さんのCookDoきょうの大皿シリーズのとろ卵豚キャベツ用です。

CookDo 今日の大皿 とろ卵豚キャベツ 表紙

詳しくは、味の素株式会社さんのページをご覧下さい。

内容物

内容物は、合わせ調味料の入ったレトルトパウチが1点です。

CookDo 今日の大皿 とろ卵豚キャベツ 内容物

作り方

作り方は、パッケージの裏面に分りやすく記載されています。

CookDo 今日の大皿 とろ卵豚キャベツ 裏面

用意するもの

  • 豚バラ肉・・・約100g
  • キャベツ・・・大1/4個(約300g)
  • 卵・・・2個

豚バラ肉を200g買っちゃったので、今回は200g入れてます。

あと、卵も在庫を使い切りたかったので、3個にしました。これが後の失敗の原因!?

実際に作ってみる

下ごしらえ

キャベツと豚バラ肉を4cmくらいに切りました。

卵は割って、溶いておきます。

CookDo 今日の大皿 とろ卵豚キャベツ

食材が少ないと、なんか、安心します。

キャベツを炒める

フライパンで下ごしらえしたキャベツの半分を中火で炒め、かさが減ったら残りを投入します。

CookDo 今日の大皿 とろ卵豚キャベツ

いつもなら全部入れちゃうんだけど、作り方にあったアドバイスどおりに半分づつです。

キャベツがしんなりしたらお皿にとります。

豚バラ肉を炒め、キャベツを戻してCookDoきょうの大皿を加える

豚バラ肉を中火で炒めます。

CookDo 今日の大皿 とろ卵豚キャベツ

いつものように、いいにおい♪

火が通ったら、キャベツを戻して、CookDoきょうの大皿とろ卵豚キャベツ用を加えます。

CookDo 今日の大皿 とろ卵豚キャベツ

卵を加える

中火にして、全体をよく混ぜながら温めます。

よく温まったら、周囲に溶き卵を流しいれます。

CookDo 今日の大皿 とろ卵豚キャベツ

(あれ、卵の量が多すぎ・・・た?)

卵が固まり始めたら、大きく炒め合わせます。

CookDo 今日の大皿 とろ卵豚キャベツ

(卵の固まり方が・・・あちゃー)

完成

いつものように、美味しそうにでき・・・てな・・・い・・・?

CookDo 今日の大皿 とろ卵豚キャベツ

ちょっと、卵が細かくなりすぎて、見た目は、い、イマイチかな、トホホ・・・

おわりに

ひとり暮らしな評価

味の好み・・・
手軽さ ・・・
満腹感 ・・・
また買う・・・

※評価の基準は、こちらのページをご覧下さい。

見た目はちょっと失敗して、卵がパッケージのようにできませんでした。
細かくなりすぎなのが、イマイチかな。

味は、合わせ調味料様のおかげで、なんの問題もありません。

強い主張はなくて、全体的にやさしい味に仕上がってます。
お肉とキャベツの味がメインにあって、控えめに脇を支えてる感じです。

お出汁っぽくて、ちゃんぽんのスープとかいけそう。

今回も、2回に分けて美味しく頂きました。

感想

卵投入時の条件が悪かったんですよね、たぶん。

  • 在庫の卵を使い切るために3個にして量が1.5倍
  • 卵を投入する際のフライパンが十分に温まっていなかった

量が増えてるのに、温度が十分ではなかったから、卵がうまく固まらなかった理由と、素人なりに考えています。

いままで自分で食べるから気にしなかったけど、見栄えを考えると、卵は別に火を通して、後から追加するのがいいのかもしれません。

まあ、合わせ調味料様のおかげで、美味しく出来ていたので、ひとり暮らしなら問題ないですよね。

自炊してみたいあなた、一度試してみてください。
多少失敗しても、美味しいおかずが出来上がりますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。