この他のWORKMANの記事については、以下のリンクよりご覧いただけます。

WORKMANの記事一覧



限定生産!ユーロスタイルと高い機能性が融合したジャケット!!

普段着として、作業着として、または、アウトドア等のレジャーにおいて活躍しているWORKMAN(ワークマン)のFieldCore製品。
マイクロウォームパンツストレッチブルゾンは、私にとって冬の定番となっています。

ダイエットのためのウォーキングや海釣り、自転車で外出といった場面で着ており、着心地が適度に伸縮性があり着ていてストレスがかからないのに、着膨れしたり動きにくかったりしないところが気に入っています。
しかも十分に暖かく、ちょっとくらい汚しても平気だと思えるくらいお値段も低めの設定でコストパフォーマンスに優れているます。

そんなWORKMANに気になるジャケットが登場していました。

欧米の洗練されたデザインとWORKMANの高機能を融合させたCORDURA®EURO(コーデュラユーロ)とカテゴライズされた商品です。

HJ005 CORDURA®EURO ウォームジャケット

秋から冬になるまでの涼しい、またはちょっと肌寒いかなといった時期のウォーキング時に着る上着を探していた所、目を付けたのがこのCORDURA®EURO ウォームジャケットです。

WORKMAN FieldCore CORDURA®EURO ウォームジャケット

まずデザインがいい感じですし、表生地が珍しかったのも目を引いた理由です。
なんとなく軍手を綺麗にプレスしたような見た目と肌触りです。

WORKMAN FieldCore CORDURA®EURO ウォームジャケット

裏面もこんな感じでシンプルです。
最近はシンプルで機能性に優れたものを好む傾向になっているので、同じような嗜好の方には気に入ってもらえるのかなと思います。

はい、実は2着買っちゃいました。
色は、↑がチャコール、↓がネオンイエローだそうです。

WORKMAN FieldCore CORDURA®EURO ウォームジャケット

黒っぽいチャコールが昼間の自転車に乗るとき用で、ネオンイエローが夜のウォーキング用です。
夜に黒っぽいと危ないので、目立つ色にしました。

本格的なロードバイクのあの服装を着るには私にはちょっと抵抗があるので、これくらいカジュアル寄りの方が個人的に趣味に合っていて着易いのです。

デザインでもあるのか、肘から脇にかけてはコーデュラナイロンという摩擦に強い素材で補強されているのは、WORKMANらしいですよね。

その着心地は?

表生地は先述の通り軍手をプレスした感じだけど、ツルッとした感じで肌触りはいいです。
裏地ははブロックフリースと言うらしく、フリースを凹凸に整形しているのかな?
こちらは優しい感じに肌触りがいいです。

WORKMAN FieldCore CORDURA®EURO ウォームジャケット
(クリックで拡大します)

襟の部分を除いて、腕の裏地もブロックフリースになって、同じ生地を使っているようです。
襟の裏地もフリースだと思うのですけど、同じフリースでもこちらはフワッとした仕上がりになっています。

実際に着てみると、腕の稼動域を意識して作られているようで、腕は動かしやすく突っ張る感じが少ないです。
ストレッチブルゾン程ではありませんが伸縮性が少しあるのも、その理由かもしれません。

着心地は十分満足できるジャケットだと思います。




ファッショナブルで収納性もあるジャケット、防寒性能は高そうだ!

ポケットは、普通にある両サイド以外にも、胸の両サイド、左上腕部にもあります。
たくさんのポケットのおかげで、鞄を持ち歩かない方には重宝すると思います。

右胸のポケットははファスナーで、左胸のポケットはドットボタン(?)でとめることが出来ます。

WORKMAN FieldCore CORDURA®EURO ウォームジャケット

↑右胸のポケット、↓左胸のポケット。

WORKMAN FieldCore CORDURA®EURO ウォームジャケット

左上腕部は、作業着らしくペンが収納できるポケットと、スマートフォンも収められるくらいのポケットのダブルポケットになっています。

WORKMAN FieldCore CORDURA®EURO ウォームジャケット

防寒性能については、今の季節(10月下旬くらい)、朝晩は少し肌寒い感じになっていますが、19時くらいにウォーキングにこのジャケットを着て出かけると、10分も歩くと汗ばんでくるくらいです。

防風性能がよく風を通さないので、保温性能が高いのだと思います。
もともともう少し寒い季節を想定しているジャケットなのでしょうね。




ジャケットのカラーの種類、あと商品タグ

カラーの種類は、以下の4種類です。

WORKMAN FieldCore CORDURA®EURO ウォームジャケット

今回はネオンイエローとチャコールを購入しました。
一番無難だと思うのはネイビーだと思っていたんですけど、なぜかこうなりました(笑)

数量限定なので、興味がある方はお早めに在庫を確認してみてください。

【楽天】HJ005 CORDURA®EUROウォームジャケット(限定生産)

【ワークマンオンラインショップ】HJ005 CORDURA®EUROウォームジャケット(限定生産)

もし売り切れていた場合は、WORKMANの実店舗ならあるかもです。

また、参考までに、商品のタグを。

WORKMAN FieldCore CORDURA®EURO ウォームジャケット

WORKMAN FieldCore CORDURA®EURO ウォームジャケット

WORKMAN FieldCore CORDURA®EURO ウォームジャケット

WORKMAN FieldCore CORDURA®EURO ウォームジャケット




おわりに

今回は、WORKMANのCORDURA®EUROウォームジャケットをご紹介しました。

2018年は限定生産ということで、数量は少ないみたいです。
今年が好評だったら、来年から増産されるのではないかと思います。

このジャケットに合わせたパンツもあり、カタログでみるとなかなか良さそうだったのですが、実際にみるとちょっと作業着ぽさが写真で見るより多く残っていてたので、今回はパスしました。

真冬での防寒性能がどれほどになるのかはこれから体験することになりますが、それでも作業するなど体を動かすのであれば大丈夫そうだなぁというのが感想です。

これで真冬の自転車でのツーリングが寒くなければ、ゴワゴワして着膨れするのがあまり好みではない私にはピッタリなんですけどね、どうなるでしょうか。

あと、もうひとつ気になる商品があるんですよね。
こちらは本格的に真冬になった頃に着るダウンぽいやつです。
まだ購入していないので、購入したら記事にしたいと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。