ハード障害を乗りこえ、いざ出撃!

え~、先日、ゲームを録画したり、動画制作に関するファイルが保存されていたDドライブが、急にアクセスするのを拒否するようになりました・・・

ドライブ RAW化 見れない

World of Warships自体は別のドライブにインストールしているので、ゲーム自体はできるのだけど、やはり動画編集関連のファイルがなくなったのが痛いので、なんとか復旧ソフトをつかって色々ためしていたので、土日はログインしませんでした(確かしてないはず・・・)。

一応、一部ファイルを取り出せたのと、昨年の8月くらいのバックアップが見つかったので、ちょっとホッとして、そして出撃しましたw

いやぁ、せめて月1回くらいで大事なファイルはバックアップするべきですね。
最近は、ファイルサイズが大きすぎて、ほんと絞らないとバックアップできないのがつらいですが・・・

おや、空母の2隻編成の確率が下がった?たまたま?

 先週は、ほぼ空母は2隻編成でしたが、今日は1隻だったり、空母自体がいなかったりと、少し空母熱が収まってきたのでしょうか?

もう少し数をこなさないと、偶然かどうか分からないのですが、やはり空母は1隻編成までがいいのではと、やっぱり思います。
それでも艦載機に狙われると発見状態になるので、駆逐艦には辛いことは辛いのですが、まだ耐えれる、許容範囲内、と言えなくもない・・・?

そういえば、空母が弱体化されたっぽいけど、よく分かりませんでした(*’-‘*)エヘヘ
空母に乗ってる方には、顕著に分かるような変更なのかなぁ。

とりあえず、私的にはいい方向に変わってきたと思います。
(空母乗りの方、ごめんなさい)




さて、久しぶりの引き分けか?って思ったら・・・

今日の出来事。

戦艦「扶桑」で出撃!
「扶桑」は、主砲が12門もあり、Tier8の戦場に放り込まれましたが、戦えない事もない!はず!

空母も1隻編成されており、離れての撃ち合いも長かったのか、時間切れの判定になりました。

そして、残り10秒がこちら!

World of Warships 戦艦 扶桑

残り10秒!

ポイントは、同点!

我らの「扶桑」のHP、440!

しかし、敵戦艦、しかも格上Tier8が10km未満の距離にいる状況。
幸運なことに、たぶん、敵戦艦は主砲の再装填が残り時間内に終わらないはずなのです。

なんとか引き分けに持ち込めたかなと思ったのですが・・・

World of Warships 戦艦 扶桑

はい、残り6秒のところで、火災が発生してしまいました・・・

敵戦艦は副砲特化なのかな?この距離で副砲を撃ってきました。

そして・・・

World of Warships 戦艦 扶桑

残り3秒で、我らが「扶桑」、轟沈です(・_・、)

敵戦艦のHPも、もうミリで一発いい感じに当たれば撃沈できたはずなのですが、轟沈直前の砲撃はすべてカスダメージに・・・

このあたりが、格上の戦艦の底力でしょうか。

沈められていたら、相討ちに出来ていれば、引き分けに持ち込めたのですが、残念ながら撃沈できず、負けてしまいました・・・

いやはや、あと3秒を耐えられず、みんな、ごめんよ。

前回に引き続き、轟沈だけど、タイトルどおりかなぁw

そういえば、前回引き分けになったのは、ずいぶん昔な気がします。
World of Warshipsの初期の頃は、判定の勝敗条件が今と違っていて、20~30%くらいは引き分けだった記憶もあるのですが、もう昔のことですね。

今は引き分けは珍しいから、惜しいことをしたなぁと思いながら、今日は寝ちゃいましょうかね。

ということで、おやすみなさ~い。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




 【World of Warshipsのスクリーンショット、および、動画はウォーゲーミングジャパン株式会社が権利を所有する著作物を利用しております。(c) Wargaming.net】