CS004A 4D冷感アイスパンツ

普段着として、作業着として、または、アウトドア等のレジャーにおいて活躍しているWORKMAN(ワークマン)の2019年春夏カタログが公開されていました。

さっそく確認すると、気になる商品があったので、早速、実店舗に行ってみました。

まだ無いだろうなとは思っていたのですが、この4D冷感アイスパンツはもう並んでいたので買ってきました。

WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ

並んでいたのは、インディゴネイビーとゴールドブラウンの2種類だけでした。
その他は今後入荷予定なのかな。
アッシュブラックとブルーヒッコリーという2つのカラータイプは、6月に発売予定とカタログにはあるので、まだ先ですね。

インディゴネイビーについては、カタログを見ると良さげなのですが、実際に見ると個人的にはちょっと安っぽく見えるかなと思いました。
秋冬のマイクロウォームパンツのインディゴブルーは、実際に見ても良い感じなんですが、4D冷感アイスパンツのインディゴネイビーはちょっと残念でした。

ゴールドブラウンの方は、実際に見たほうが落ち着いた色合いに見え、私には好印象でした。
なので、他の色が出揃っていないのですが、ゴールドブラウンを購入することにしました。
まあ、すぐに売切れてしまいそうなので、在庫がある時に買うのが吉です(>_<)

2019年3月20日追記
ミックスグレー、ダークグリーンの入荷を確認しました。
これで、残りは6月発売予定のアッシュブラックとブルーヒッコリーを残すのみですね。
WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ
ちなみに、ミックスグレーを追加購入。
履くとヒンヤリ感をしっかり感じるので、夏場に期待です!
 
だいだいだいだい

この他のWORKMANの記事については、以下のリンクよりご覧いただけます。

WORKMANの記事一覧

よかったらご覧になってください。

-5℃遮熱×接触冷感=最強冷感!!

名前にアイスパンツとあるように、暑い夏に重宝しそうなこの4D冷感アイスパンツですが、今は涼しいというか、まだ肌寒い時期なので、このパンツの真価はまだ体験できていません。

なので、-5℃遮熱の効果は体感できませんが、接触冷感については履いたら直ぐに実感できました!
足を通した瞬間からヒンヤリと感じ、寒っ!って思いました。

WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ

説明によると、特殊な結晶体を含んだ石を粉状にして生地に練りこんでいるとか。
この結晶体というのが熱伝導率が高いのかな?金属に触れるとヒンヤリするのと同じ原理で冷感を実現しているのでしょう。たぶん。

ただ、こういった接触冷感って人肌よりも温度が高くなると効果が期待できない気がします。
寝苦しい夜を快適に!といった謳い文句の枕は、本当に暑い夜には効果がなくなっちゃうから・・・

とはいえ、-5℃遮熱の効果で接触冷感が機能する可能性もあるので、どこまで最近の暑い暑い夏の日々を快適に過ごせるのか、期待していますよ!!
ちょっとでも涼しいと感じられれば御の字なので。




伸縮率140%、履き心地は快適で収納力あり♪

ヒンヤリしながら履いて見た感じは、マイクロウォームパンツと同じように脚を曲げてもツッパリがほとんどなく、さすがの仕上がりです。
伸縮性が良いだけでなく、丸みを帯びた仕立ての立体裁断の効果でもありそうですね。

履き心地が良くコスパもよいので、多少汚しても平気だと思うと、暑くなってきたら、毎日このパンツを履いてお出かけしてそうです。

さて気になる収納ですが、前に2個、お尻にも2個のポケットがあります。

WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツWORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ

さらに、左右両方の太もも外側にもポケットはあります。

WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ

↑右側、↓左側

WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ

このあたりは、マイクロウォームパンツと同じで、WORKMANの基本的なデザインと言っていいのかなと。

WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ

右側の腰あたりにはDカンがついており、このあたりもWORKMANらしいなと思いますね。
まあ、ウォレットチェーンとか趣味ではないので、Dカンは使うことは無いんですけどね(*’-‘*)

内側の縫製はこんな感じです

参考までに、内側の様子を。

外から見えない部分ですが、素人目には悪くはない様に見えます。
もともとお安いものなので、文句はないですかね。

WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ

↑左ポケットの裏の部分、↓ちょっとアップにしたもの。

WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ

こちらは裾になります。

WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ

安かろう悪かろうって商品だと、ガタガタの縫い目に、ほつれ糸が散見されますが、そういったことはないですね。
というか、今の時代、そんな商品は淘汰されているのかな?

これならドンドン洗濯しても大丈夫そうですね。




気になる点、ちょっと小さめに作られている?

一番最初に買ったWORKMANのマイクロウォームパンツは3Lでした。
ダイエットのお蔭か、今はLLにランクアップ(ダウン?)した私なので、4D冷感アイスパンツもLLをさっと買ってきました。

なのですが、帰宅して試しに履いてみたら、あれ?履けることは履けるけど、ちょっと窮屈すぎる?と思いました。

WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ

太ももから下は脚にややピッタリながら問題なく履けるのですが、お尻まわり、ウエスト回りは伸縮性を利用しちゃってる感じがヒシヒシ伝わってきました・・・
140%の伸縮性のためか、はたまた細身シルエットというコンセプトのせいなのか、サイズ感がマイクロウォームパンツとは違うようです。

WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ

結局、履けることは履けるけど窮屈なので、翌日、交換してもらうために再度買った店舗に赴きました。

店員さんにサイズが・・・と伝えると、快く3Lと交換してもらえました。
あ、商品タグなどは一切取り外していなかったのが良かったのかな?

この4D冷感アイスパンツは、私以外にも同じようにサイズを間違った人がいたと店員さんに伺いました。
なので、もし購入を検討している方は、サイズには注意してくださいね。
マイクロウォームパンツの今のサイズでそれほど余裕がないようであれば、ワンランク上のサイズがいいのかもしれませんよ?

通販の在庫状況は?

2019年3月15日現在、まだワークマンのオンラインストアにも、楽天のワークマンショップにも、4D冷感アイスパンツは掲載されていないようですね。

逆に言うと、これから追加されるはずなので、ちょくちょくみておくとよいかもですね。

ちなみに、カラーラインナップは、

  • アッシュブラック(限定生産、6月発売予定)
  • ゴールドブラウン
  • ダークグリーン
  • ブルーヒッコリー(限定生産、6月発売予定)
  • インディゴネイビー
  • ミックスグレー(限定生産)

の6種類のようです。

WORKMAN Online Store

 ワークマンのオンラインストアは、新製品がドンドン追加され随時更新されています。

ワークマンがいい!

 よかったら覗いてみてください。

掲載されたのを見つけたら、リンクを追加したいと思います。
忘れないようにしないと!!

最後に、商品タグを載せておきます。

WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ

WORKMAN CS004A 4D冷感アイスパンツ

なにかの参考になれば、幸いです。




おわりに

今回は、コレから暑くなった際に重宝しそうな、4D冷感アイスパンツをご紹介しました。

今はまだ肌寒い時期なので、最強冷感の真価を体感できていませんが、これから暑くなり、これは凄いなと言えれば嬉しいですね。

カラーラインナップはまだ2種類だけだったので、カラーによってはこれからでも十分に間に合うので、気になる方はちょくちょく確認してみてくださいね。

最後に、快くサイズを交換してくださったWORKMANに感謝を!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。